特別養護老人ホーム太陽の國ほどがや

 

特別養護老人ホームとは

介護を受けられる施設や老人ホームには有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅・グループホーム・軽費老人ホーム・養護老人ホーム・介護療養型医療施設(介護老人保健施設)などの種類があります。
社会福祉法人朋光会の運営する「特別養護老人ホーム」は、介護保険法に基づく神奈川県の指定を受けた『指定介護老人福祉施設』として、介護保険による施設サービスを提供しています。
利用できる人は、常に介護を必要とする寝たきり又は認知症などの人で、「要介護1」以上の介護認定を受け、在宅での介護を受けることが難しい人が対象となります。また、原則65歳以上の高齢者で、伝染病などの疾患がなく、長期的な入院を必要としないなどの条件があります。
入居については基本的に終身の利用が可能で、入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活のケア、機能訓練、健康管理および療養上のケアを行います。

◎身体拘束の廃止について 「目的、委員会の設置、基本方針.pdf」

特別養護老人ホームの利用方法

特別養護老人ホーム「太陽の國」または「太陽の國ほどがや」のご利用を希望される方は、入所申込書(兼同意書)AとBに必要事項を記入し、申込み受付センターへ郵送してください。
申込書は、横浜市内の各区役所高齢・障害支援課、地域ケアプラザ、特別養護老人ホームで配布しています。
申込受付センター(電話:045-840-5817 平日9時~17時(土日・祝日休み))

または、横浜市健康福祉局ホームページに申込書、記入のてびきが掲載されてますのでダウンロードしてご利用ください。
横浜市健康福祉局ホームページ 
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kourei/riyousya/shisetu/tokuyoumoushikomi.html

横浜市内の特別養護老人ホームでは、この申込書の記載内容を「横浜市特別養護老人ホーム入退所指針」 に基づいて点数化し、入所の必要性の高い方から順に入所していただくことになっています。

adobe PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerのダウンロード

短期入所生活介護(ショートステイ)の利用方法

ご家族様の事情により、1泊からご利用できます。お申込みはケアマネージャーへお願い致します。

施設利用料のご案内

施設料イメージ

■特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

hodo-sh

画像をクリックして拡大します。右クリックで保存、印刷できます。

■短期入所生活介護(ショートステイ)

hodo-ss

画像をクリックして拡大します。右クリックで保存、印刷できます。

■介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)

hodo-sy

画像をクリックして拡大します。右クリックで保存、印刷できます。

■注1 介護保険負担限度額認定証について

食費と居住費に関して、所得に応じた負担限度額認定が設けられ公費で一部負担します。
内容は下記の通りです。詳しくは役所保険年金課にお問い合わせ下さい。

  (単位:円)
利用者負担 段階区分 個人負担額(1日当たり)
食費 居住費
介護保険負担限度額認定証 第1段階 300 820
介護保険負担限度額認定証 第2段階 390 820
介護保険負担限度額認定証 第3段階 650 1,310
介護保険負担限度額認定証をお持ちでない方、高額所得者 第4段階 1,610 2,870
2,930

■注2 社会福祉法人による利用者負担軽減確認証について

社会福祉法人 朋光会 太陽の國ほどがや が負担します。
・第1段階の生活保護を受給されている方の居住費820円を弊施設が負担し個人負担は0円になります。
・第2及び第3段階の介護保険1割負担分の半額を弊施設が負担します。(ショートステイのみ)
・第2及び第3段階の食費・居住費の25%を弊施設が負担します。

上記金額は、法改正等により変わる場合がありますので、直近の金額は相談員へお問い合わせ下さい。

相談員の紹介   soudandouga-sスマホで読み取って下さい。
相談員の紹介  Edgeでは動画再生が不安定です。Internet Explorer 又はスマホでご覧下さい。

施設パンフレットはこちらからダウンロードして下さい。
太陽の國ほどがや パンフレットダウンロード

adobe PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerのダウンロード