横浜市川島地域ケアプラザ

 

横浜市川島地域ケアプラザ ご案内

  • 情報ラウンジ
  • 多目的ルーム1
  • ぴーすらんど
  • 地域ケアルーム
  • エンジョイヨガ
  • 多目的ルーム2
  • 健康講座
  • 調理室
  • ボランティアルーム
< >

施設のご案内

川島地域ケアプラザは、古くは宿場町として栄えた歴史のある保土ヶ谷区の北西部に位置し、横浜水道記念館や陣ケ下渓谷など「水」に関わりの深いこの地域は、近代的な道路と寄り添うように自然の渓谷が息づく豊かな自然が残っています。
市内125館目の施設として平成23年12月に開設した川島地域ケアプラザは、1階と2階に機能強化スペースとして有効活用できる多目的ホールがあります。
また、ケアプラザとしては通所介護(デイサービス)事業を併設しない新しい形態の運営を行っています。

ご挨拶

木もれ日の差し込む森、涼しげな水の流れ、その水に侵食された岩場など、横浜市内では唯一の渓谷と言われる陣ケ下渓谷や旧川島小学校跡地のログハウスなど、恵まれた自然環境と歴史的資源を有する地域に平成23年、川島地域ケアプラザが開設しました。横浜市川島地域ケアプラザ 所長 福島 百合

スタートから指定管理者として運営を託された社会福祉法人朋光会は、経験豊富な職員を配置すると共に、地域を熟知する積極果敢な職員を採用し、少数精鋭のスタッフで事業に取り組んでいます。
川島地区はもともと福祉保健に対するご理解や関心の高い地域ですが、今後は更に多くの方々にケアプラザの存在を知っていただき、暮らしを守る地域の拠点として大いに利用していただけるよう、精一杯努力してまいります。

横浜市川島地域ケアプラザ 所長 福島 百合

ページトップヘ