特別養護老人ホーム太陽の國

 

特別養護老人ホーム太陽の國 ご案内

特別養護老人ホーム太陽の國

ご挨拶

特別養護老人ホーム太陽の國は昭和62年5月に開設した歴史ある老人ホームです。
緑豊かな自然環境の中で安心して暮らせるように設計された太陽の國は、四季折々に触れる「土」と「緑」と「太陽」をテーマに、健康で活気あふれる人びとの笑顔に満ちた空間を大切にしています。
数年前に、全館LED照明などエネルギーのエコ化を目的とした大型改修工事を行い、平成30年度には「従来型多床室のプライバシー保護のための改修支援事業」による床頭台の付け替え工事を行いました。このように一部改修された施設の中では、三階まで吹き抜けの多目的ホールをはじめ、ゆったりとした開放的な空間で毎月の行事や季節の催し、音楽・芸術活動を行っています。
また、開設以来継続している音楽療法の有効活用など、入所者の皆様が安心して快適に生活をしていただけるよう、きめ細かなサービスの提供に配慮しています。
「一人ひとりの笑顔のために」という法人理念のもと、職員一人ひとりの惜しみない努力と地域の皆様方、関連各方面の方々のご理解、ご協力に支えられて運営して参りました。

太陽の國 施設長 森 久記初代理事長が作詞した「太陽の國讃歌」の中の一説に、「心やさしい人々と 夢みる多き人々と 熱意に燃える人達が 集いて建てた太陽の國」という言葉があります。
入所者の皆様が生きがいをもって生活ができるように、生きている喜び、明日への希望が持てるように介護をします。
一人ひとり異なる能力を持った職員の、その能力を開放し集めれば素晴らしい力になると信じ、日々精進してまいります。

人間の幸せな生活を支える基本は、安心と思いやりです。太陽の國は、係わる誰もが幸せを感じる施設を目指しています。

太陽の國 施設長 森 久記