特別養護老人ホーム太陽の國

 

特別養護老人ホームとは

介護を受けられる施設や老人ホームには有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅・グループホーム・軽費老人ホーム・養護老人ホーム・介護療養型医療施設(介護老人保健施設)などの種類があります。
社会福祉法人朋光会の運営する「特別養護老人ホーム」は、介護保険法に基づく神奈川県の指定を受けた『指定介護老人福祉施設』として、介護保険による施設サービスを提供しています。
利用できる人は、常に介護を必要とする寝たきり又は認知症などの人で、「要介護1」以上の介護認定を受け、在宅での介護を受けることが難しい人が対象となります。また、原則65歳以上の高齢者で、伝染病などの疾患がなく、長期的な入院を必要としないなどの条件があります。
入居については基本的に終身の利用が可能で、入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活のケア、機能訓練、健康管理および療養上のケアを行います。

特別養護老人ホームの利用方法

特別養護老人ホーム「太陽の國」または「太陽の國ほどがや」のご利用を希望される方は、入所申込書(兼同意書)AとBに必要事項を記入し、申込み受付センターへ郵送してください。
申込書は、横浜市内の各区役所高齢・障害支援課、地域ケアプラザ、特別養護老人ホームで配布しています。
申込受付センター(電話:045-840-5817 平日9時~17時(土日・祝日休み))

横浜市内の特別養護老人ホームでは、この申込書の記載内容を「横浜市特別養護老人ホーム入退所指針」 に基づいて点数化し、入所の必要性の高い方から順に入所していただくことになっています。

adobe PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerのダウンロード

施設利用料のご案内

■介護老人福祉施設サービス(長期的な入所サービス)

→表は横スクロールで詳細をご覧いただけます。

要 介 護 区 分 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
介護保険 1割負担額 587円 659円 732円 803円 873円
日常生活継続支援加算 39円/月
その他の項目の加算 51円/日
介護職員 処遇改善加算 40円 44円 49円 53円 56円
食 事 提 供 費           1,610円/日(注※)
居 住 費              905円/日(注※)
1 日 あ た り 合 計 3,232円 3,308円 3,386円 3,461円 3,534円
生活費用等 管理費 500円/月
1ヶ月分目安額 (30日として) 97,460円 99,740円 102,080円 104,330円 106,520円

その他、下記費用が加算されます。

  • ①常生活に要する費用(各種日用品・おやつ・理容代等)
  • ②医療費・薬剤費
  • ③利用の状況による加算(下表参照)
    初期加算 入所した日から起算して30日の期間は、1日約32円の初期加算あり。
    入院後30日を過ぎて、再度の入所の場合も同様の加算あり。
    外泊時費用 入院や外泊をした際、1日約260円の加算あり。(1ヶ月最大6日間分)
    療養食加算 医師の処方箋に基づく指定の療養食の提供は、1日約25円の加算あり。
    口腔衛生管理体制加算 歯科医師、歯科衛生士が口腔ケアに関する技術的助言・指導を月1回以上行っている場合に、1か月あたり32円加算されます。
    (いずれの加算も、施設サービス計画の内容・入院・外泊の状況により加算の有無が決定します。)

    その他の項目の内容は次の通りです。

    栄養
    マネジメント
    加算
    精神科医 
    療養指導
    加算

    個別機能 
    訓練体制
    加算

    看護体制 
    加算(Ⅰ)
    夜勤職員 
    配置加算
    15円 5円 13円 4円 14円
 

注※)食費・居住費の負担軽減について
食費と居住費に関して、低所得の方の負担にならないよう、所得に応じた負担限度額が設けられています。
内容は下記のとおりです。詳しくは区役所保険年金課にお問い合わせください。

→表は横スクロールで詳細をご覧いただけます。

利用者負担段階区分 日額負担限度額
食費 居住費
第1段階 市民税非課税世帯の方で老齢福祉年金を受給されている方
生活保護を受給されている方
300円 0円
第2段階 市民税非課税世帯の方で合計所得金額と課税年金収入額の
合計が年間80万円以下の方
390円 370円
第3段階 上記の第2段階以外の方
市民課税層における特例減額の適用となる方
650円 370円
第4段階 第1~3段階以外の方 1,610円 905円
  • 施設利用料のご案内はこちらからダウンロードすることもできます。
  • 施設利用案内

 

adobe PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerのダウンロード